借り入れ金を減らすのに一番有名なのが債務整理
という手段です。


なかでも「任意整理」が一番ポピュラーな手段と
いえるでしょう。


 
ここで「任意整理」についてお話すると
任意整理とは利息制限法の規定に照らして
利息の払い過ぎていた分を、元金に組み入れて
計算し直すことです。


これによって余分に利息を払っていた分が
元本の返済にまわるので結果として借金が
減額されるということです。



ですので、もしアナタがお金を借りていたところが
利息制限法の上限利息より高ければ高いほど、
そして借りていた期間が長ければ長いほど
その借金額は大きく減額されることでしょう。


ですが、最初からいわゆる法定利息に基づいた利息であった場合
借金そのものは減らすことはできません。



が、任意整理後は利息がカットされますので
元本自体は減額はできなくとも将来の支払う利息は0円になるので
あとは残った残金だけを支払っていけばイイのです。



今まで債務整理で借金を減らすことなど思いつかなかった方には
有効な手段といえるでしょう。